ひとりごと

トップ > ひとりごと

カテゴリー

頭痛、肩こり、腰痛など顔からわかる体の不調 口 唇がガサガサ
2018.04.13

「唇ががガサガサ」

唇は体のそとに露出した粘膜です。

口の粘膜は唾液によって湿らされ唇もその影響を受けています。

唇が乾燥していると抵抗力が弱りウィルスや細菌が侵入しやすくなります。また、体温が上昇が起こっていることもあります。

糖尿病や胃炎、加齢や疲労でも唇が渇きます

頭痛、肩こり、腰痛など顔からわかる体の不調 口 吹き出物
2018.03.02

口のまわりの吹き出物

口のまわりに吹き出物が出来ているという事は胃腸の粘膜に炎症が起こっている事が考えられます。

ちなみに、口の大きさは胃腸の力とある程度比例しているようです。

口が大きい人は胃腸がしっかりしていて、小さな人は胃腸が弱く、食が細いようです。

頭痛、肩こり、腰痛など顔からわかる体の不調 口 口角の切れ
2018.02.05

上唇と下唇のつなぎ目を口角といいます。口は胃の異常を表します。口角炎が出来た時は過食を避け食欲を抑え消化の良いものを選んでよく噛んで食べましょう。

頭痛、肩こり、腰痛など顔からわかる体の不調 目 目の分泌物 
2018.01.23

*目ヤニ

 まぶたが開かないくらい目ヤニが出る場合は、ウィルスや細菌が侵入している可能性が高いです。一度眼科で見てもらいましょう。

 

*目の乾き

 いわゆる「ドライアイ」は体の水分が減少している高齢者によく見られる現象です。ただ最近では若い人がテレビやパソコンの使い過ぎ、長時間の車の運転また、睡眠不足、過労、ストレスなどでも起こります。涙が不足するドライアイは感染症にかかりやすくなったり、角膜に傷をつけることもありますので注意が必要です。デスクワークの際は時々目を休めましょう。

 

*涙がやたら出る

 過剰に涙が出過ぎるときは肝臓が弱っていることもあります。

 

*目の力が弱ってくると元気がなくなっている証拠です。当院の術後は目が大きくなって、生きた目になってもらえるように頑張っています!

頭痛、肩こり、腰痛など顔からわかる体の不調 目 目のトラブル
2018.01.18

*白目が黄色い

 胆のうや肝臓の働きが悪く血液に胆汁が入り込み、白目や皮膚の「黄疸」となってあらわれます。

 

*白目が赤い

 目の充血は目の疲労や精神的なストレスが考えられます。目を休め運動をして血行を良くしましょう。また、ストレスは肝臓も緊張させます。

 

*ものもらい

 からだの抵抗力が低下しています。体を休め、栄養を十分に取りましょう。

頭痛、肩こり、腰痛など、顔からわかる体の不調 目 目のくぼみ、まぶたの裏が白っぽい
2018.01.15

*目のくぼみ

 目のくぼみは疲労が蓄積した症状です。からだの水分量が少なくなって、からだが消耗している状態です。

 

*まぶたの裏が白っぽい

 あなたのまぶたの裏が白っぽいのは、貧血の可能性があります。逆に赤みがあるときは十分に血液があることを示しています。

頭痛、肩こり、腰痛など、顔からわかる体の不調 目 目の下のクマ、しわ
2018.01.13

*目の下のクマ     目の周りの黒ずみには大きく二つの原因が考えられます。

 1、血行障害   肉食の取り過ぎや喫煙、夜更かしなどの生活習慣、ストレス、過労、貧血などが原因です。

 2、目の下の皮膚は他の部分より薄いため、血液の色を反映します。また、泌尿器や生殖器が弱ると目の下にクマを作るだけでなく皮膚がが全体に黒ずむこともあります。

 

*目の下のしわ     多くは下まぶたが加齢によりたるむためで、皮膚が乾燥してしわができやすくなります。

 

頭痛、肩こり、腰痛など、顔から分かる身体の不調 目 まぶたのむくみ
2018.01.11

まぶたのむくみ

朝、まぶたがむくんでいるのは身体の「水分のめぐり」がうまくいっていない証拠です。

1、まぶたのむくみと共に、疲れやすい、足腰がだるい、口が乾く、尿の出が悪い、排尿が近いなどの症状があるようなら腎臓が衰えていることがあります。

  腎臓が疲れると余計な水分をうまく外に出せなくなり、からだに水をためこんでしまい「むくみ」症状となり腰痛の原因となることもあります。

 

2、胃腸の障害でも、まぶたや全身がむくむことがあります。

  胃腸が悪いと、胃袋や腸管に水が停滞してしまうため、全身の水分量が増えるのです。便がやわらかい、下痢をしやすい、食欲不振、吐き気などの症状をともなうなら、

  胃腸の不調からくるむくみです。また、はっきりとした自覚症状を感じないこともあります。

 

3、心機能の低下が原因のケースもあります。

  心臓は血液を全身にかけめぐらせています。心臓が弱ると心臓から遠い足では、とくに血液が停滞してしまいます。だから、心臓が悪い人はまず足のむくみから始まるのです。

  その後上部に伝わり顔やまぶたまでおよびます。むくみとともに動悸や胸の痛み、左肩の強い肩こりなどがあれば心臓の不調が考えられます。 

お客様の情報 下関市Y様
2017.03.14

腰痛がひどく手術も決まっていました。

長い距離は歩く事もできず車椅子を使っていて、

たまたまお知り合いの方から当院の事を聞いたそうです。

施術中5分と横になっていられず、

そのたびに立ち上がってもらって「氣」をいれながら整体を行いました。

週に2回のペースで5回目まではあまり改善も見られませんでしたが

6回目から少しづつ改善して行きそして、1か月後の8回目、痛みが止まりました。

手術予定の病院からはそんなはずはないと何度もMRIへ入れられ、

とうとう3ヶ月目に完治していると言われたそうです。

その後も時々来院されますが、

今では好きなゴルフや散歩も全く問題がなくスコアの話をされています。

私も1ヶ月かかったのは初めての経験でしたが、良くついてきて頂けたと感謝でいっぱいです。

 

自然治癒力
2017.03.09

人は常に健康になろうとしています。

例えば、熱が出るのは体温を上げてウイルスをやっつけようとしています。

風邪をひくと熱が出て風邪ひきを自覚しますよね、しかし、身体はもう治療しているのです。

同じく下痢も体に悪いものを出そうとしているという事です。

けがをして出血してもばい菌を洗い流してかさぶたを作り皮膚を修復します。

・疲れるとだるくなり、眠くなる。

・腰痛になると腰回りの筋肉が固くなる。

・食事をとらないと空腹感を感じる。

・熱いと汗をかく。

・胃腸が弱ると食事を抑えるために口内が荒れる。

・体調を戻すために一時的に食欲を落とす。

自然治癒力ってすごいなと思いませんか?

1 / 1212345...10...最後 »
詳しくはコチラへクリック!

LP
24時間web予約
TOPへ戻る